企業で感じるギャップ

情報セキュリティの技術の高さを買われ、セキュリティエンジニアが企業に就職できます。またセキュリティエンジニアを探す企業からの求人案件も増えてきました。しかしセキュリティエンジニアは、実際に企業に勤めてみて、イメージとのギャップを感じる場面が多々あるでしょう。たとえメジャーな企業でも、きちんとセキュリティが意識されているとは限りません。ビジネス上の重要な情報が、無造作に扱われているといったケースもよくあります。そのため、時として大きな企業から情報漏洩などのトラブルが生じます。セキュリティ技術エンジニアの求人に応募し採用された以上は、企業内での安易な情報の取扱は正す必要があるでしょう。情報が流出のリスクに晒されたままでは、いずれ外部に漏れ出てしまう恐れがあります。セキュリティ技術専門のエンジニアとしての立場から、どのように情報を扱う必要があるのか、提案を行います。企業内の情報の扱い方について調査し、問題点があれば指摘を行います。

これまで問題があった組織内での情報の取扱も、セキュリティ技術に詳しいエンジニアのおかげで、安全対策が進められます。そのため、重要な情報を扱っている企業は、セキュリティ技術に長けたエンジニアを積極的に求人から採用するのが望ましいとされます。安全な情報管理とは大きなギャップがあった企業でも、改善点をチェックし修正していくに従い、これから起こりうる情報流出のリスクができるだけ少なくなります。